おみそ汁でダイエット

基本的にぽっちゃり体型の育ちなので、常にダイエットは頭の中にありました。
しかし、20歳を境に少しずつ落ちてきたのですが、体重の増減が毎回あり
安定した体型になることはありませんでした。

ダイエット方法は、リンゴダイエットや炭水化物抜きダイエットなどの極端なものから、ヨガや岩盤浴に通ったりと色々試しました。
その後、摂食障害になりかけたりと、健康的にあまり良くない方向にいってしまったので、意識しないようにしていました。その間は、太いままの状態でした。

それでも、やはりかわいい服は着たいですし、そもそも無理なダイエットを続けてきたので肌もボロボロでした。
一人暮らしも始めたので、食事が外食やコンビニ食になったりばかりで仕事が終わって自炊もできない状態なのも原因でした。

転職を機に、節約と自炊を心掛けるようにしたら、体重も減って安定してきました。
肌も綺麗になりだし、食事を日記に書くようにしました。

そこで、必ず食べていたのがお味噌汁です。味噌は、赤みそでも白みそでも効果はありました。発酵食品は、身体にもいいので積極的に取り入れていました。
今現在は、体重ばかりに気にしないように食事、睡眠、ストレスに気を付けて
ご飯とおみそ汁は必ず食事に入れ、おかずを1品から2品の食事を心がけています。

今は、体重も身長に比例した健康体重になり身体も心も、健康的です。

体重と米の量に相関性?

自分の体験談となりますが、自分は米の量が増えれば体重が増え、米の量が減れば体重が減りました。

増えた、減ったといっても日々の茶碗に入っている量を見れば微々たる差かもしれませんが、チリも積もればなんとやら。

米50gで約80kcal、1日3回1ヶ月で計算すると、80×3=240kcal、240×30で7200kcal。

体重1kgが7000kcalですから、日々のご飯の量を調節するだけで1か月で1kgは違ってくるわけです。

今使っているお茶碗は半円状の汁椀タイプですが、以前使っていたのはすり鉢状の茶碗でした。

半円状の茶碗ではご飯を入れたときに茶碗擦り切れに入れることが多いんですが、すり鉢状の茶碗は擦り切れにしづらいためどうしても茶碗ラインより上へ盛られてしまいます。

その盛られた分こそが米50gといわずとも、体には少し多めのカロリーとなっていたのかもしれません。

事実、すり鉢状の茶碗から半円状の茶碗に変えてご飯も盛らなくなってから体重が減っているわけですから。

今ではそのご飯の量にも慣れて体重も適正な体重をキープできています。

ダイエットといえば運動が多いと思いますが、日々の小さな積み重ねが減量という大きな結果へとつながっていくのかもしれません。

運動嫌いの私の人生が変わったとき

30歳前後で、体系の変化(お尻が垂れる、なんとなく背中が丸い、など)をきっかけに、運動と食事制限に挑戦しました。運動嫌い、我慢が大嫌いなわたしにとっては、ジョギングなんてしたこともなく、「できる」などとは思っていませんでした。むしろ、それらを避けて、なんとかならないものか・・・と、考えていたのでした。そんなわたしでしたが、家族の知人であるプロのボクサーの方と話をする機会があり、その方の減量について聞いたのがすべての始まりでした。プロであるその人は、減量に関してもプロでした。決まった短期間の間に、必ず結果を出すことを続けている方の言葉は、シンプルで説得力がありました。「食べる量を減らしてに走りまくれ」でした。すべての思考をを停止して、まず、運動靴を履いて外に飛び出しました。すぐに息切れをしますが、1キロ走るまでは歩いているようなスピードでも構わないので「走り」ます。1キロ地点まできたら、欲張らずに引き返します。1日2キロということです。ひとまず、次の日も走ります。ポイントは、お風呂に入る前に走ることでした。2キロでも走れば、汗をかきます。風呂に入りたくなります。シャワーが熱く感じるので、シャワーの温度を下げたくなります。ガス代が自然と減ります。(嬉しいおまけです。)走る・風呂の一連の行動はセットで30分ほどです。たったこれだけなのです。1日に2キロ走れば、運動量としては充分。よく眠れます。そんなヘルシーな生活改善をしている自分に自信が出てきました。他人から見れば、走るフォームももめちゃくちゃで、大したことは無いのでしょうが、フォームを整えたり、ウェアを選んだり、というのは、徐々にやっていけばよいのだと思います。時には癒しも必要、ということで、週一で休みを取るようにしました。走るという習慣があるだけで、食事に関しては、自然と量が少なくなりました。わたしにとっては、運動自体がハードルの高いものだったので、食事に対する執着が自然と減ったような感じです。「とりあえず今日もも走る」をつづけた結果、3か月で52キロ→46キロまで、マイナス6キロの減量に成功しました。現在は運動量は減らして、走るということにこだわらず、ヨガをしたりもします。身体を動かすことの気持ちよさを実感して、ハッピーな気持ちでいられています。

気になる二の腕引き締めダイエットと全身運動

年齢とともに二の腕の筋力が落ちて「振袖」状態になってしまいました。
今年の夏前にこれではさすがに恥ずかしいと思い、YOUTUBEなどの動画サイトやアットコスメなどの美容サイトを見て二の腕引き締めダイエットを開始しました。
1日○分とか1回○セットとかいう縛りは気にせず、トイレに立ったついでにとかお風呂の中でとかTVを見ながらとかとにかく気づいたときにやれる回数だけやってみることにしました。でないと長続きしないと思ったので。
最初にやってみたのはYOUTUBE動画で見た「後ろでバイバイ体操」です。
両手を後ろに引き上げ、ひじを伸ばした状態で文字通りバイバイするように手のひらを動かすだけの簡単なエクササイズです。
最初は驚くほど腕も上がらないし朝昼二回ほどやっただけなのに物凄い筋肉痛だったのですが、段々その筋肉痛が「細くなってるかも!」という期待に繋がり気づけば2週間で3センチのサイズダウン!もともと剣道と水泳をしていたので筋肉は同世代の女性よりも多い方だと思います。そのおかげもあってかサイズダウンしただけでなく引き締まった懐かしいラインになったのが嬉しかったです。
次に試したのがたまたまTVで見た80歳になるお婆さんが40年以上続けているというゴキブリ体操です。
名前だけ聞くとえっ?となりますが、やり方は簡単で仰向けに寝転がった状態で両手足を上に上げ、バタバタと両手足を動かすだけのエクササイズです。
これは医学的にも根拠があるエクササイズだそうで、全身の血行を促進して手足の浮腫みを解消したり脚痩せやお腹引き締めにも効果があるとその番組では紹介していました。
朝起きた時、ちょっと疲れて横になった時、寝起きでぼんやりした体を目覚めさせる時などに繰り返し行っていたところ、浮腫んでムズムズしやすかった脚がだんだんスッキリしてきました。
痩せた!という実感はありませんでしたが、健康的になったとは思います。
今もエクササイズとダイエットは継続中ですがズボラな私にとって「自分で自分を追い込まない」「気付いた時に手軽にできる」ダイエットエクササイズは今の体型を維持しつつ太らないために必要不可欠な習慣になりました。
これからも可能な限り続けたいと思います。

究極のダイエット食

からだを温めたいとき、体調を崩してしまった時に食べたくなるのがおかゆです。少ない量でもおなかに溜まる、、、でも、水分を多く含んでいるから、体が長い時間温まるあれです、じつは水分量によって、名前が違うようなのですがそんなこと気にして作ったことはありません。少ない量でおなかに溜まるので、継続していく中でだんだん体重計の数字が減ってきます。もちろんシンプルに塩だけとかでもいいですけど、自分で高菜や普通のご飯料理の具材やカレーなどを添付してもおいしいです。カレーやシチューなら、ニンジンなどのカラフルな野菜が入っているので工夫次第で楽しく栄養も偏らず、続けられると思います。

おかゆでは食感が味気ないと感じることもあるでしょう。そんな時は、鶏ささみなどいかがでしょうか。低カロリー、でもお肉です。コンビニなどでもサラダチキンなどある程度加工された食品がありますのでそれを活用するのもいいと思います。私的にはあれ一個では満足できないのであくまでおかずのカテゴリーですが、なので主食はもちろんお米ですよ。

代謝アップを期待して、トマトなどを入れるとイタリアンで味に変化があることがいいですよね。ここにチーズなど入れたらどうだろう。

カラオケがいいけどポテトには注意を

機種にもよりますが、カラオケをするときに右端にカロリー消費を教えてくれくるものがあります。2時間半つづければなんとか300Kcal.は消費できる気がします。私の場合は、1局が10Kcal.前後なので一人でひたすら通しで、歌い続けることでダイエット効果があるんだろうな~と思います。この時、ただ唄うのでは喉に負担がかかるので、腹式を意識することでおなかが痛くなりますが、カロリーの消費が3Kcal.増えるので、それを10曲したら、30Kcal.全体で合わせたら簡単にお菓子1袋分を消費していくのでガンガン歌っていました。そのあとの休憩でお菓子頬張ったり、人が歌っているところで、ポテトつまんでいたりしたら台無しですけどね。それは、自己責任という事で。特にジャガイモは野菜というカテゴリーに分類されていますが、糖質の塊なので、あれもお菓子と私は思っています。ポテトチップスの原料ですから。だから、ポテトサラダはなるべく食べないようにしています。料理の工程が単純で野菜もそれなりにはいっていますが、あまり食べる気にもなりませんね。それと春雨も要注意。あれも意外とカロリーがありますので食べすぎには注意です。

日頃の意識でダイエット

ポッコリお腹と下半身太りがずっとコンプレックスでダイエットをしようと思い始めました。特に下半身は痩せにくくて、色々なダイエット方法を試しても結果が出なかったので諦めていました。そんなときに知ったのが日頃の姿勢を意識していれば、下半身痩せに効果があると知りました。それを教えてもらったのは日頃通っている整骨院でした。そこで教えてもらった方法は、日頃過ごしているときに下っ腹に力を入れて、お尻をキュッと締めるという方法でした。とても簡単なので続けて行えるし、仕事中でも家にいるときでも出来るので良いと思います。
ダイエットを試してみた結果としては、半年間続けたことによっていつも履いているジーンズゆとりが出来ました。特にお尻と太ももの境目にあった贅肉が減ったと思います。
また、この姿勢を持続していることにより立ち姿勢や座り姿勢がきれいになったと思います。正しい筋肉の使い方をすることによって日頃の悪い姿勢が改善されたのだと思います。そのおかげで、仕事中に困っていた肩こりが改善されました。一日中パソコンを使っているので肩こりに悩んでいたのですが、気付くと痛みが無くなっていました。ダイエットも出来て良かったです。

筋肉質の下半身ガッツリ系女子のダイエット

私は学生時代ずっとバスケットをしていた事もあり、脚に付いたガッツリ筋肉がコンプレックスでした。特に太ももから脹脛にかけて…。上半身は下半身に比べ全くお肉が付かなかったので、これがまたアンバランスな体型でした。日頃はできるだけ脚を隠せる、ワイドパンツやフレアなロングスカートを履くようにしました。
 バスケを辞めた18歳くらいから、今まであった筋肉の上に脂肪が付き出し、体格の良かった脚がふっくらムチムチになり出したので下半身重点のダイエットを始めました。聞いた話によると、まず痩せやすい体づくりをしないとダイエットをしても効果が出にくいということだったので、ストレッチで体をほぐし柔らかくなるよう、そしてリンパマッサージで体内に詰まった毒素を流しむくみを取っていくやり方、エステに通ったり、脚痩せに効くというクリーム等も購入しました。体重を減らす意味で食事制限もしました。結構な時間もお金もかけてきたと思います…(笑)そのおかげもあるのか、ダイエットを始めた頃から半年くらい経って会う人会う人に細くなったと言われるようになり、モチベーションもますます上がりました。
 今も続けていますが、エステやお金をかけることは辞め、自分でできるストレッチやウォーキング、毎朝晩の白湯を続けています。ダイエットを始めて自分の体のことをきちんと考えるようになり、ケアするようになりました。ダイエットで健康への関心も高まりました。

ポッコリおなかに効く腹筋ダイエット

私はは年とともにお腹周りにに脂肪がついてきたので食事制限のダイエットを色々と試しましたが、どうしてもお腹がすいてしまい間食などをとってしまってうまくいきませんでした。

そんな時に友人がスポーツジムに通っている事もあり、その際のトレーナーの方に教えてもらっている腹筋の筋トレを私も教えてもらい実践しました。

最初の1か月ほどは特に変化もありませんでしたが、1か月を過ぎたころからお腹周りの死亡が少しずつ減ってきて、2か月を過ぎたころからは、お腹に力を入れると腹筋が見るようになってきました。

学生のころから自分の体を鏡で見ても腹筋の割れ目が見えることはなかったのですが、半年ほど続けた今では毎日鏡で自分の体を見ることが楽しみです。

もともと運動習慣もなかったのでダイエットで運動を行うのは抵抗があったのですが、腹筋を毎日30分ほど続けることで変化が出てきたのでとても簡単に行うことが出来ました。

初めは5種類ほどの腹筋から始めたのですが、今では毎日10種類ほどの腹筋を1時間ほど行っています。

体重もやり始めの時点では75キロほどあったのですが今では68キロほどまで減って半年間キープできています。

最近では腹筋で体重が減ったおかげで運動が楽しくなり、少しづつですがランニングも始めました。

健康的に痩せる方法

ダイエットの方法としてよく耳にするのが「ダイエット中だから食事制限をしてる!」ということ。
食べなければ痩せるのは確かに一つの正解。ですがこれはリバウンドする原理が働きます。

健康的に食べていないと新陳代謝が落ちてしまい、ダイエットが終わった後にいつも通り食べてしまうと、身体がダイエット前より太りやすくなっています。
所謂リバウンドですね。

食事制限は正しい知識が無ければやってはいけません!ジムのトレーナーさんなど専門の方の指示の元行いましょう!
健康的に痩せるには新陳代謝を良くし、3食普通に食べることが重要です!

ではどうすれば新陳代謝を良くできるのか?
結局のところ運動が一番良いのです。

私の場合、お腹が出てきてしまったのでダイエットを決意しましたが、絶対に健康的に痩せたかったので運動しようと思いました。
最初はやはり面倒に感じましたが週3日の早朝ランニングを努力し、努力が習慣に変わりました。

その結果、食事をするとすぐに身体が熱くなり汗をかき易くなりました。新陳代謝が良くなった証拠です。
最終的には体重を5キロ落とし、健康的に過ごしております。

ランニングが厳しい方は湯船に長く漬かるのも良いでしょう。長めのウォーキングをするのも良いでしょう。
代謝を良くするプロテインもありますので、よく分からないダイエット食品よりもかなり効果的です。

健康的にダイエットするには、とにかく新陳代謝を良くすることです。